プロジェクトマネジメントにおけるアジャイル: ソフトウェア開発を超えて

はじめに 皆様、初めまして。テクノロジー本部プロジェクト推進部のテンジンチョドンと申します。現在はスクラムマスターを担当しています。 トレーニングを通して気づいたことは、アジャイルの哲学はソフトウェア開発に多用されているものの、それだけに限…

AWS生成系AIワークショップ「Amazon Bedrock Prototyping Camp」に参加してきました!

はじめに こんにちは。ITエンジニア部の菊田です。 普段はクラウド薬歴サービス「Solamichi」の開発を行っています。 2023年11月14日にAWS にて開催されたBedrockのワークショップ「Amazon Bedrock Prototyping Camp」に参加してきましたので、今回はその内…

久しぶりにオフラインで社内イベントを開催しました!

はじめに こんにちは。アプリ開発支援部の愛川です。 普段はヘルスケアアプリの開発を行いながら、社内イベントの運営スタッフとしても活動しています。 社内では月一で技術共有のためのイベントを開催しているのですが、コロナ禍になってからは完全オンライ…

誰が使うの?から考えたアクセシビリティの必要性

はじめに はじめまして、テクノロジー本部ITエンジニア部の手塚と申します。 アジャイルトレーニングを受講して知った「誰がチームのプロダクトを使うのだろう?何が好きなどんな人だろうか?」(ペルソナと共感マップ)で考えた顧客像の認識合わせと機能の…

スクラムイベントの参加者とタイムボックス

はじめに 皆様、初めまして。テクノロジー本部ITエンジニア部の石脇と申します。現在は開発者やPO(プロダクトオーナー)を担当しています。 現在のプロジェクトではアジャイル開発を取り入れており、プロジェクトをより良くするためにまだまだ改善できる点…

プロダクト開発のスパイク

はじめに はじめまして、 テクノロジー本部システムアーキテクト部の高橋昭仁と申します。 昨年の7月から、社内のアジャイルトレーニングの受講の機会を頂き、 トレーニングに参加いたしました。 元々私は、以前の職場でもアジャイル開発を採用していたため…

エンジニアの不安を取り除く-アジャイル開発で推奨されていること-

はじめに こんにちは、テクノロジー本部の楊です。 2022年7月から、アジャイルトレーニングに参加しました。今までなんとなく進めてきたアジャイルやスクラムについて定義や内容を再認識することができました。 今回はスクラム開発チームの一員として不安を…

チームビルディングの混乱期を乗り越えるには

はじめに はじめまして。アプリ開発支援部のタンと申します。Androidアプリの開発を担当しております。 約半年間のアジャイルトレーニングを受け、学んだチームビルディングのタックマンモデルの混乱期について話させていただきます。 チームビルディングが…

要求モデリング、ユースケースモデリングについて

はじめに はじめまして、テクノロジー本部ITエンジニア部の妹尾と申します。エムティーアイに入社して約1年が経ちました。現在、開発者として各プロジェクトの保守、開発を行っております。本記事では社内でアジャイルトレーニングを受けて要求モデリングと…

心理的安全性とアジャイルマインドの関係性

はじめに はじめまして。テクノロジー本部の弓山です。なんとなく理解していたアジャイル開発ですが、トレーニングを通じて成り立ちから基礎までを学び、さらに最新のトレンドまで学習することができました。今回はアジャイル開発をするための前提ともいえる…